葬儀・お葬式の新しいカタチ 心に響く五光の葬儀

不思議なホタル

あれから、間もなく1年。 梅雨空のどんよりとした夕刻のこと。 寝台車依頼の電話。

病室へとお迎えに上がり、ご自宅へ搬送。仏間のお布団へ安置させていただき、

ご家族の方々と葬儀の打合せをと、資料を揃えているその時、淡い緑の一筋の光が…

見ると、1匹のホタルが窓から入ってきて、故人のお布団の周りをふわふわと上がったり、

下がったり或いは回ったり、おしりを光らせながら、何か別れを惜しむかのように、

ひとしきり飛んで、スーっと出ていった。

 

一周忌の法事の席で、その時のことが話題となったようで、その後、話は葬儀式中のあれこれへと進み、

本当にいいお葬式だったねと、先日、改めて感謝のお礼状をいただき、我々も感激している。

 

今でもはっきりと覚えているが、本当に不思議な光景だった。

あの時のホタルは一体何だったのだろう。

故人の魂が乗り移ったのか、それとも、お迎えに来たよという使者の姿だったのだろうか。

凡人には知る由もないが、なにか特別な ちから が働いたように思えてならない。

2014.05.11 10:51